先輩の声

様々な経歴を生かして活躍できます!

金井 玲子

パッケージ・加工・出荷担当 ベーシックきのこマイスター
2
オギワラグループに転職する前は、まったく違う職種だったとか。どんな経験を生かしていますか。
以前は、精密部品の検査やサービス業など、まったく違う職種に携わっていましたが、将来のことを考え、「生活に密着した仕事に関わりたい」と転職しました。年齢のことも考えると不安もありましたが、「未経験者でも大丈夫」という会社の方針にも励まされ、思いきって応募しました。実際に入社してみると、初めてのことだらけで最初はとまどいましたが、先輩たちが丁寧にサポートしてくれますし、仕事のコツがつかめる瞬間が必ず訪れるので、それが楽しいです。
段取りのとり方など、前の職場での経験値うぃ生かして、「どうすればもっと効率よくなるのか」と考え工夫することができるので、自分次第でどんどん能力を高められる職場だと思います。それから、自分自身が苦労した経験を生かして、新しく入ってきた人にアドバイスをするように心がけています。

入社すると「きのこマイスター講座」を受けられるそうですね。
会社が全額負担してくれるおかげで、3日間のきのこマイスター講座を受講することができました。そこで「えのき氷」の効能について学び、家でも取りいれるようになりました。夫はメタボリック症候群だったのですが、医師も驚くほど血液の数値が改善したんですよ。「キノコの力はすごいなぁ」と実感しています。

若い方や転職希望の方にメッセージをお願いします。
オギワラグループは、まったくの未経験者でも、今までやってきた自分の職歴や経験値を生かせる場所です。興味のある方は少しでも早く行動に移し、そして、なるべく長く一緒に働きましょう。新しく入ってくる人にも気持ちよく楽しく働いてもらいたいと思って、社内教育にも積極的に取り組んでいます。みんなが働きやすい職場になるといいですよね。やる気のあるみなさんをまっています!

先輩に恵まれて感謝しています。

丸山 沙千江

事務担当
3
どんな仕事をしていますか?
オギワラグループは、北は青森から南は四国まで全国各地に取引先があるのですが、その出荷の管理を主に担当しています。
女性が多く、職場の雰囲気が明るいことは、この会社を選んだ理由のひとつでした。私の部署の先輩たちはすべて女性なのですが、仕事ができる方ばかりで尊敬しています。入社5年目ですが、日々学ぶことが多く、自分もいつかは先輩たちのようになりたいと思って取り組んでいます。それが仕事のやりがいにもつながっていますね。

普段からキノコ料理を作ったり、食べたりしていますか?
エリンギとシメジをたっぷり入れた鶏そぼろ丼をよく作ります。キノコは細かく切ってもいいのですが、私は歯ごたえがあるほうが好きなので大きめに切っています。この会社に来てからキノコ料理のレパートリーは増えましたね。スーパーでもキノコ売り場を必ずチェックしてしまいます(笑)。キノコは美容と健康の面からも女性にうれしい効能があることが科学的に実証されており、機能性の面から、これからもキノコは注目を集めると思います。ここで働いている女性のみなさんは、キノコをよく食べているせいか、肌がきれいな方が多いですよ。楽しく働きながらきれいになれるのも、オギワラグループの魅力ですね。

生きものが相手だから、やりがいがある

杉田 裕樹

試験開発担当 きのこマイスター
5
キノコの世界に入ったきっかけは?
北海道出身で、高専で科学を専攻していたときに出会った恩師がキノコの専門家だったことが直接のきっかけでした。キノコは菌類なのに目に見えるところがおもしろく、毒にも薬にもなり、食用にもなるという不思議さもある。まだ解明されていない部分が多くて研究しがいがあるぞ、と。栽培技術などは長野県が一番進んでいるので、信州大学の農学部を選びました。

仕事の醍醐味は?
「規模の大きい会社で自分の力を試したい」と思って就職したオギワラグループは、仕事の内容も多岐にわたります。
キノコは培地という土のなかで菌糸が生長することで、みなさんが目にするキノコの形になっていくのですが、そのキノコが出てくる前の段階で、培養の管理や新しい培地の構成などを研究しています。雑菌などのトラブルに対する対処方法を考えるのも仕事のひとつです。
生きもの相手の仕事だからこそ難しい面もありますが、自分の予想通りに培養管理がうまくいったときは、本当にうれしいし、やりがいを感じます。
会社全体としては、社員がみんないきいきと楽しそうに仕事をしているところ、キノコに対して真摯に取り組む姿勢がオギワラグループの強みではないでしょうか。
また、きのこマイスターの資格をとったことでキノコに関する世界観が広がりました。生態や機能、コミュニケーションなど、大学で学んだこと以上のことを幅広く学ぶことができてよかったです。これからキノコ業界に関わっていく立場としても、「きのこマイスター講座を受けていれば大丈夫」と自信がつきました。

信州中野の暮らしは慣れましたか?
はい。オギワラグループの社屋は風光明媚な環境にあり、癒されますね。ひとり暮らしですが、キノコのある生活を楽しもうと自炊もやっています。キノコをアンチョビとバターで炒めたものが十八番。晩酌のつまみにぴったりですよ。