安心・安全への取り組み

安心・安全への取り組み

生産

生育から包装まで自社で行い、高品質で安心安全なきのこを安定供給


Production
常に高品質なきのこをご提供するために、充実した設備と研究体制の整ったJA種菌センターから種菌の提供を受け、吟味した原料で詰め込み、きのこ毎に独立した培養センターで徹底管理しております。
また、生育から収穫、包装までは一貫した自社の生産施設で行なっており、金属検出機やX線検査装置を導入するなど「安心安全」な商品づくりに努めております。
anshin0
・栽培の原点となる「種菌」をJA中野市種菌センターが供給する体制により、周年同品質の種菌が入手できております。
・生産者が共同で大規模な培養の専門会社(培養センター)を設立し、ここから常に品質の安定した培養ビンを仕入れております。
ansin_c1
・当社のきのこ生育では、他者他産地に劣らぬ独自の栽培技術で、周年安定した品質と収穫量を維持しております。
・当社パッケージラインでは、異物の混入が起きないように食品工場並みの服装と掃除での防御、金属探知機の導入等を図っております。
・放射能検査は、JA中野市が定期的に調査を行なっております。
・全行程、無化学肥料、無農薬栽培です。
ansin_c2

環境

培地のリサイクル、環境に配慮した施設でこれからの未来のために

Environment
kankyo_2
関連グループの培地リサイクルセンターにて、廃きのこ培地を改質し、再びきのこの培地として活用。
また、施設は、LED照明を採用し、省電力化・ゴミの軽減化に努め、環境に配慮した企業活動を行なっております。

人材

充実した社員研修。入社後もスキルアップの機会に恵まれています

Human resources
jinzai
新人社員研修では、きのこの専門知識を習得。また、ステップアップとして、毎年数名の社員が、『一般社団法人 日本きのこマイスター協会』が開講する『きのこマイスター講座』を受講し、認定資格を取得しています。生産に関わる社員が、“きのこソムリエ”としての自覚と自信が持てるよう人材育成を行なっています。また、毎年、社員とその家族を対象にきのこ料理コンテストを開催し、楽しみながらスキルアップ、意識向上に努めている。